血糖値を下げるには?

糖尿病にはタイプがある

糖尿病にはいくつかのタイプがあります。「1型糖尿病」は以前、小児糖尿病・インスリン依存型糖尿病と呼ばれていたもので、インスリンを作る細胞が破壊されることが糖尿病の原因のものです。「2型糖尿病」は、インスリンが少なくなる、または細胞がインスリンを感じづらくなることが糖尿病の原因のものです。

 

他に遺伝子、別の病気から併発されるものや、妊娠糖尿病などがあります。日本における糖尿病患者の95%が2型糖尿病であり、その糖尿病の原因には生活習慣が関係している場合が多いとされています。

 

病名から聞くと糖分の摂りすぎ=糖尿病になる、と思われがちですが、砂糖を摂ったからといって必ずしも糖尿病になるわけではありません。日本人は、もともと2型の因子を持っているという説もありますが、親族間に糖尿病の人がいる場合は、糖尿病への傾向が強くなります。しかし、可能性が高いというだけで、家族にいれば必ずなる、家族にいなければならない、というものではありません。どちらにしろ現在まだ発症をしていないのであれば、今のうちに予防をしておくことが一番だといえます。