高血圧薬のオルメテックの効能

オルメテックの副作用について説明

オルメサルタンが使われている降圧薬がオルメテックになります。どちらかというと新しいタイプの降圧薬になっていて、最近では処方される機会が増えてきています。1日1回の服用で良いとされていますが、服用する量を確認しながら増減していきます。肝機能に一時的な異常が見られる場合がありますから、血液検査を行いながら服用を行っていきます。オルメテックは初めは少量から始めて、徐々に様子を見ながら量を増やしていきます。5ミリグラムと10mg と20mg と40mg の錠剤があります。この中で必要に応じて薬を増量したり、減量したりしていきます。オルメテックを服用中には突然めまいが起きるというような場合があるので、集中した作業や車の運転などには注意が必要だといわれています。オルメテックの服用時に気になる副作用を感じたら、医師や薬剤師に相談したほうがいいでしょう。薬の副作用は、個人差があるので、個別に判断しなければなりません。