血糖値を下げる民間療法

民間療法とは?

糖尿病とは、血液に含まれるブドウ糖の濃度、血糖値が病的に高く続くこと病気で、尿に糖が漏れることがあるため糖尿病と名付けられました。糖尿病には様々な民間療法がありますが、マクロビオティックなどをもちいた食事療法が最近注目されています。マクロビオティック法とは玄米菜食を基本とし、陰陽のバランスを考えた食事療法です。糖分、果物、化学添加物、乳製品、コーヒーなどの陰性過多が糖尿病の主な要因とされているので、体のバランスを中庸にする食事は非常に有効です。特に甘いもの、急激に血糖値をあげる白砂糖は厳しく制限する必要があり、穀物や丸みのあるお野菜の自然な甘みをとるようにします。精製された白砂糖は極端な陰性のため、刺激が強く急激に血糖値をあげるため、インスリン分泌が正常に作用しない糖尿病にとって大敵なのです。また、運動をすることによりエネルギー源としてブドウ糖の流れをスムーズにする効果のある運動療法も非常に有効です。民間療法を上手に取り入れて、継続することが大事です。